ホーム 個人ガイド アグリ滞在 四季の風景 美しき南トスカーナ モンテプルチャーノ 私たち
                                   > ご利用者の声 >2013
   






個人案内を利用してくださった方からの声 / 2013




個人的な内容を除くお便りを原文のまま掲載させていただきました


今回も大変お世話になり、ありがとうございました。
私達も、ワイン達も、無事日本に到着しました。

2年前は5本だった
ので、今回は6本の目標を立てましたが
サプライズもあり計8本となり、ローマで厳重にパッキングの
し直しをして、無事に持って帰ることが出来ました。

シエナで、お二人に再会できたときは嬉しかったです。
まさかこんなに早く、再会できるとは思ってもいませんでした。
本当は、夏のコントラ−ダの時期と考えていたのですが
色々と所用があり、春のGWになりました。
夏も良いと思うのですが、今では、2年前の秋の色と比較できる
春にして良かったと思っています。
案内していただいたところは、どこもグリーンの絨毯に
赤のポピーや黄色の菜の花が鮮やかなこと
そして、小さい田舎町に咲き誇る花々、特に藤の花が綺麗でした。

また、事前にいただいた5月1日のモンテプルチャーノの守護聖人
「聖アニェーゼの日」に大きな市が出るとの情報で
今回の旅行の第1の楽しみに
その市の見学と、食材(プロシュート・チーズ・ポルケッタ等)を
買い込みアグリツーリズモのテラスでワイン
(もちろんノービレ・ディ・モンテプルチャーノ)とともに
昼食をするという計画を立てていました。
前日の案内の帰り道に、この時に飲むワインを買う為に
わざわざカンティーナを何軒も訪ねていただいて、感謝しています。
当日は天気もよく、酔いも手伝ってそのまま
テラスのロッキーチェアーで気持ちよく昼寝ができ
楽しいひと時を過ごすことができて、いい思い出になりました。

ロッカ・ドルチャの要塞でのロード・オブ・リングを思わせる
中世の衣装のコスプレに出会えたのは、ラッキーでした。
また、自然のテルメ・小さい町等々案内していただいたところは
今回も素敵なところばかりでした。

第2の楽しみである、ワインの購入は
前回とは別のお勧めのカンティーナを2軒紹介していただいて
1本づつ購入し、昨日のと合わせて3本で
シエナで購入したのを含めて計5本
あと1本はREDIで購入し6本の購入計画が達成しました。
安くて美味いワインが飲めるイタリア人や
ともこさんをはじめ、そちらに住んでいる日本人が羨ましい。

アグリツーリズモの部屋は、前回と同じとリクエストを出したら
その通りしていただいて、ルチアにも感謝しています。
食事も毎食、美味しいトスカーナ料理を提供いただいて
嬉しかったです。
帰る日の朝には、ミニ動物園?(笑)も案内していただいて
ルチアとその家族にも感謝しています。
(特にニコには、PCでいっぱい通訳していただきました。)
ルチアとニコとご家族にもよろしくお伝えください。

本当にありがとうございました。
いつかまた、お会いできる日まで!



                   
渥美さま / 4月 オルチャ渓谷-田舎に遊ぶ-



先日はお世話になり、ありがとうございました。
今回の旅の一番楽しみにしていたオルチャ渓谷ツアーだったのですが
本当に充実した1日でした。
マッシモさんとともこさんにガイドしてもらえて素敵な写真スポットで
たくさんの写真が撮れて本当にいい日でした。

お2人にはとてもたくさんのお気遣いをいただきとても感謝しております。

 今回はお礼が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
マッシモさんにもよろしくお伝えください



                   竹嶋さま / 5月 オルチャ渓谷-田舎に遊ぶ-




無事ロンドンに帰りました。
とても楽しいツアーをありがとうございました。
おかげでゆっくりと散歩しつつ景色を眺め、写真を撮り
理想通りにトスカーナの美しさを堪能することができました。
眺めのよいところで車をおりてハイキングして雨がふったり
眺めがいまいちになったところでまた車に拾ってもらえるという
なんとも贅沢なお散歩でした。
これなら体力のない人でもトスカーナを歩いて楽しむことができますよね。
両親をつれて来たいものだとせつに思いました。

昨日街の下でおろして頂いてピエンツァまでハイキングしたあと
かなり汗もかき暑かったのでおすすめのジェラート屋さんに行って
イチゴソルべを食べました。まさにフレッシュ、美味しかったです。
そして夕食もおすすめのDal Falcoに行ってみました。
アーティチョークのフリットがあったので、よろこんで注文。
うーん、ちょっと固いすじっぽいとこもあったり、
「ユリ根のようにほっこりと」という感じはしませんでした。
季節外れのものをたのんだからかな・・・。
そしてタリアテッレトリュフをまたもや注文。
「フレスコ」ではないトリュフはどんな味なのか比べたかったのです。
そしたらやっぱりだめでした。お昼のパスタが10倍おいしかったです。
これも「フレッシュの時に食べるべし」というアドバイスが
正解なようです。よかった、ここだけのパスタを食べていたら
「やっぱり私はトリュフが好きじゃない!」
と決定づけているところでした。

またできたら別のシーズンに伺いたいと思っています。
トリュフのおいしい時期、アーティーチョークがおいしい時期
小麦が黄金色になる時期、ホタルの舞う時期
ブドウの葉が紅葉する時期・・・。
さて、いつ行けるかな。

ではでは、忙しい観光シーズン、お体大切にがんばって下さい。



                   吉野さま / 5月 オルチャ渓谷-田舎に遊ぶ-




お礼が遅くなってしまいました。
先週の日曜日に無事帰国しました。
旅行中、トスカーナの街めぐり、とても楽しかったです。
すばらしい2日間でした。本当にありがとうございました。
トスカーナの街とオルチャ渓谷を堪能することができました。
とても素敵な思い出です
私は今回の旅行でフィレンツェ・トスカーナが大好きになりました。
また訪れてみたいと願っています。
私たち2人はとても満足しています。
2人が住まれているモンテプルチャーノの街もとても素敵な街ですね。
日本は蒸し暑い日々が続いています。
また、お世話になることがあるかもしれません。
その時はどうぞよろしくお願いします。



             中筋さま / 6月 オルチャ渓谷-田舎に遊ぶ- + チビタ




タイの木下です。
お世話になりまして本当にありがとうございました。

アッシジ以降のプログラムも無事に進んで
子供たちを連れた旅の割には何もかもがうまくいきすぎでした。
毎日たくさん歩いたおかげで、パスタ三昧だったにもかかわらず

タイに帰ったら体重が1キロ減っていました。

子供たちはイタリアのなんという町にいったのか
名前をもう忘れていますが家族で「どこがよかったかね〜」と話すとき
一番良かったのは「ローマの次の町」だと言っています。
私も嫁さんも同感です。久しぶりにイタリアの小さな町々と
トスカーナの雄大な風景に触れることが出来て幸せでした。

またルチアさんの宿も皆さんも最高でした。また是非訪れたいです。
そうだ、もうすぐコントラーダの本番でしょうか?

個人的にはイタリア語に久々に触れて
意外にも多少コミュニケーションできたことに驚きつつ
バンコクでタイ語と一緒にイタリア語も

再出発してみようかなと考えているところです。
タイ語を勉強するイタリア人と友たちになれると一番いいのですが 笑。

ということで、ともこさんとマッシモさんには大変お世話になりました。
お二人には、時間を急かされることもなく、十分にこちらのペースに

合わせていただき最高のサービスだったと思います。

また個人的にはともこさんのような方が
イタリアの小さな町に来て頑張っているという
姿をみさせて頂いたことも感動、勉強になりました。
人生、何が転機になるか分からない、ということも含めて。

次回はお勧めのとおり自分で車で回ってみたいな
と思っているところですが、行くときは必ず連絡させて頂きますね。
マッシモさんにもよろしくお伝えください。

タイに来ることがありましたらご連絡ください。
面白いところご案内します!

お元気で。Ciao Ciao !!


            木下さま / 8月 オルチャ渓谷-田舎に遊ぶ- + チビタ




先日は大変お世話になりました。
おかげさまで、本当に充実した旅行になりました。
日曜日に帰国し(心配だったワインも無事に帰国)
時差ぼけを戦っているところです。

スケジュール作成の段階からこちらの希望を考慮して
柔軟にいくつも提案していただけたので、

思い描いていた以上の1日になりました。

私として、は念願のワイナリー巡りも
適切な手配をしていただけていたのでゆっくりと楽しむことができました
夫はとにかくオルチャ渓谷の景色に大満足。

今回はフィレンツエ3泊モンテプルチャーノ1泊ローマ2泊という
忙しい旅でしたが、次回は、フィレンツエ4泊モンテプルチャーノ2泊
みたいな旅行がいいかなともくろんでいるところです。

HPに、モンテプルチャーノのレストランなども
たくさん載っていたんですね、帰国してから気がつきました、残念。
次回はぜひ、参考にさせていただきます。

またお会いできる日がくることを心から願っています。

ではでは、本当にお世話になりました



             三輪さま / 8月 オルチャ渓谷とワイナリー訪問 




こんにちは。無事に、残念ながら?帰国しました。
改めまして2日間、本当にお世話になりました。
ありがとうございました


その後も天気に恵まれ、サンジミニャーノ、フィレンツェ、ローマと
かけ足ながら、美術館など観光と食を楽しみむことができました。
旅行前の相談から、心のこもった対応をしていただきました。
実際の案内も、親身に接して下さり、また散策中や食事でも
気さくにお話ができて、以前から知り合いだったかのように
楽しい時間を過ごせました。
マッシモさんのハーブいちじく講座?は
自分達だけでは見過ごしてしまうものに気づくことができました。
ご案内いただいた小さな村やレストランは個人案内ならでは
といった感じでとても良かったです。


ワイナリーも行って、糸杉写真もたくさん撮れて、トスカーナ満喫しました。
見て、食べて、香りや風を感じて、本当に楽しい2日間でした。

一緒に撮った写真は、パソコンメールが復活したら送りますね。

またいつかお二人に会えたらいいなと思います。
ありがとうございました。




              智子 美弥さま / 9月 オルチャ渓谷-田舎に遊ぶ-




その節はいろいろありがとうございました。

Camuciaの駅でお顔を拝見した時 なぜか懐かしさすら覚えました

マッシモさんも全然お変わりなく、相変わらずお優しい。

息子たちとのアグリ滞在、少々不安でしたが
オリーブ畑の中のアグリは居心地良くて3日では足りないくらいでした。

ルチアさんのお料理は美味しい上に胃に優しくて
まさにマンマの味でした。

息子たちには少々物足りないかなと心配しましたが
お昼にレストランで重い食事をするのでかえってちょうどよかったみたいです。
自家製のワインがまた美味しくて、普段は白ワインを好む私が
毎晩ぐびぐび行っちゃうので 主人がびっくりしておりました。

母屋からお部屋に帰るときに見た満月と星空
朝霧に包まれたオリーブとブドウの畑、また戻りたい場所ができました。

一日を目いっぱいご案内いただき心から感謝します。


思いがけなくPienzaにも寄っていただき観光客の少なかった
早春とはまた異なったにぎやかな街を楽しむことができました。

栗祭りにきのこやキアナ牛、搾りたてのオリーブオイルと
秋ならではのトスカーナを堪能しました。


そうそう忘れていけないのが美味しいシーフード。
地元の方ならではの情報ですね。

またいつか 次回は妹たちを連れてまいります。

その時はまた よろしくお願いいたします。



                 松本さま / 10月 栗祭りとワイナリー訪問 


おはようございます。昨夜無事ロンドンに帰りました。
今回もいろいろとお世話になりました。
とても楽しかったです、ありがとうございます。

帰りはタクシーでChiusi駅に行きました。
あそこの駅前はタクシーがいっぱい停まっていて
あれなら駅前でタクシーを呼び出す苦労もなく便利そうですね。


最後の夜はお勧めの
ACQUACHETA
アドバイス通り、サラダと、パスタだけ注文をして見ました。
お腹に適量で、かつホワイトトリフのパスタ、おいしかったです!
他のお客さんはあのでかい
Tボーンステーキを食べてる人が多かったですね。
おいしそう!!でもあれを一人で食べるには、相当な覚悟が・・・。
次回の挑戦事項です。


今朝オフィスでGoogle Mapを、PCの大きな画面で眺めてみました。
やっぱり
Hotelito Lupaiaの手前500m位で右方向に分かれる道は
Google Map上ではとぎれていました。
でもね衛星写真にしてみるとなんだか道があるようなのです
「あーたぶんともこさんが私に教えたかったのは、この道なんだろうな」
と思いました。これならまっすぐ
Montefollonicoに向かってますね。
今回街から街を歩いてみて、何となく距離感とか道の雰囲気もつかめました。
でもって「タクシーの電話番号はきちんとメモしていかないといけない」
ことも学びました。次回はもう少し自信を持ってウォーキングができそうです。


日本の中高年はハイキング好き。
きっと私のような需要は他の人達にもあると思いますよ。
是非トスカーナハイキングの楽しさも教えてあげて下さい。

トスカーナは季節折々見せる表情が違い、お祭りもあったり
旬の食べ物があったり、きりがなく魅力的なところですね。

春に人事異動がなかったら、是非ひまわりの季節にまた訪れたいと思います
人事異動がないように祈ってて下さませ。

ではまたお会いできますように。

お二人ともお元気で!
 



                 吉野さま / 10月 ブドウ畑黄葉と栗祭り訪問 


                                                このページの最初に戻る

Copyright(c)since 2005 VivereToscana all right reserved すべてのページの写真、記事その他の内容の無断転載禁止