ホーム 個人ガイド アグリ滞在 四季の風景 美しき南トスカーナ モンテプルチャーノ 私たち
                                  ホーム > 美しき南トスカーナ > 小さな田舎町


  
サンタフィオラ                   Santa Fiora

 Grosseto県 Santa Fiora


旧市街からペスケリアに向かう道アミア−タ山の南、フィオ−ラの谷の間にひっそりと
佇む美しいサンタ・フィオ−ラの町があります。

どの季節もいいのですが、特に10月の紅葉の時期は、町の周りを取り囲む自然の美しい色々と町とが見事に調和して、その美しさが一段と増します。

13世紀には、アルドブランデスキ家の重要な拠点の
ひとつであったこの町は、今も中世の面影をよく残しています。

今は市庁舎になっているスフォルツァ宮とアルドブランデスキ城の塔が町の一番高い広場に面して建ち、ロマネスク様式のバラ窓とルネッサンス様式の門を持つサンタフィオラ・ルチッラ教会内部には、テラコッタの祭壇が飾られています。下方の城壁に囲まれた居住区には、奇跡的に残る15世紀の十字架キリスト像があるクラリッセ修道院、城壁の外にはユダヤ人居住地跡があります
澄んだ水に泳ぐ大きな鱒

そして町を一番下った所にある
マドンナ・デッレ・ネ−ヴィ教会に面して
サンタ・フィオ−ラで一番有名な”ペスケリア”があります。
17世紀、ここからフィオ−ラ川の源流として湧き出る水を
塞き止めて作られたこの大きな生け簀は、スフォルツァ家が
マスの養魚地として使用していました。

湧き出る泉の上には教会が建ち、ガラス張りとなった床下に、源流のその泉を見ることが出来ますサンタ・フィオ−ラの町はダンテの神曲「煉獄」篇の中にも登場しています



アクセスの仕方

FSシエナ駅前から:Rama社のArcidosso行きバスで約2時間
本数はかなり少ないので、1日で往復する場合は時刻を要確認!!!




次は→マレンマ地方に点在するエトルリアの町々ピティリアーノ・・・


                                            このページのトップへ戻る