ホーム 個人ガイド アグリ滞在 四季の風景 美しき南トスカーナ モンテプルチャーノ 私たち
                                  ホーム > 美しき南トスカーナ > オルチャ渓谷





オルチャ渓谷



世界遺産 オルチャ渓谷 val d'orcia


オルチャ渓谷は、シエナ県南部に位置するアミアータ山(M.Amiata)から 
キアーナの谷に向かって、緩やかに傾斜する丘陵地と 
ラディコーファニからモンタルチーノにまたがる丘陵地に広がっており 
その景観は、日本語でイメージする「渓谷」というよりも 
果てしない「丘陵地」といったところ。 


この景観は、地形と自然のバランス、長年の人間による生産活動と 
環境に対する配慮から生まれたもので、そこにある建造物、歴史
 
生活様式はこの環境に順応したものです。 
そして、人間と自然の共存を見事に保つその伝統、今も脈々と
 
受け継がれるこの地域の風土と生活、調和のとれた素晴らしい景観は
 
訪れる人を魅了し強く印象付けます。 

また、その幾重にも連なるなだらかな丘は、優美でありながらも
 
どこか自然の厳しさを感じさせる白亜の土、ビアンカーネ
(Biancane) 
侵食された丘の窪み、カランコ
(Calanco)など、この地域特有の 
粘土質で出来た荒れ地クレーテ
(Crete)と呼ばれる 
景観の中にあり、トスカーナの他の地域とは 
また、少し違った風景を作り出し、この独特の風景が 
シエナ派の画家に多くの影響を与えてたと言われています。 

その全体が世界遺産に指定されるヴァル・ドルチャ美術自然文化公園は

カスティリョ−ネ・ドルチャ /
Castiglione d’Orcia 
ラディコーファニ /
Radicofani  
モンタルチーノ
/ Montalcino 
サン・クイリコドルチャ
/ S. Quirico d’Orcia  
ピエンツァ
/ Pienza  

これら5つの市町村にまたがっており、この地域には
 
ピエンツァの町全体 と サンタンティモの僧院
 (l’Abbazia di S.Antimo) 
ラディコーファニ と ロッカ・ドルチャの要塞 
サンクイリコの聖堂参事会教会 
(Collegiata di S.Quirico) 
中世の時代からの温泉地バーニョ・ヴィニョーニ 
農園付属の修道院スペダレット 
(la grancia di Spedaretto)  
動植物の生息地である地中海灌木の森
 
ルッチョラ・ベッラ自然保護区 などの
 
価値ある建築物や美術、自然景観を持った環境と隣り合っています。 





 ユネスコ、オルチャ渓谷についてのHP

→ オルチャ渓谷の今の景観を、ブログ【オリーブとブドウ畑のあいだで】で確認

→ TBS 「THE 世界遺産」オルチャ渓谷(2009)の現地コーディネート担当





次は→オルチャの谷を走るイベント電車、オルチャ渓谷鉄道について



                                                ページのトップへ

Copyright(c)since 2005 VivereToscana all right reserved すべてのページの写真、記事その他の内容の無断転載禁止