ホーム 個人ガイド アグリ滞在 四季の風景 美しき南トスカーナ モンテプルチャーノ 私たち
                                  ホーム > 美しき南トスカーナ > 小さな田舎町
                                                           >モンテプルチャーノ

  
モンテプルチャーノ                 MONTEPULCIANO

Siena県 Montepulciano

 

グランデ広場に建つ市庁舎 
 他の周辺の町には見ない
 ルネッサンス最高の素晴らしい建築物や教会
 芸術の跡が町のあちらこちらに残るモンテプルチャ−ノは
 “ルネッサンスの真珠”と呼ばれ
 当時の美しさを今もそのまま見ることができます。

 町はプラ−ト門からグランデ広場への約1.5km
 高低差50〜60mの長い山の背に沿って築かれています。
 古い町なみが並ぶ中央の通りに面して
 アヴィニョネジ宮などの重要な建物が建ち並び
 その長く連なる外観と非常に高いレベルのデザインは
 まるで展覧会のようだと言われています。
コントゥッチ宮
丘の頂上にあるグランデ広場には15世紀後半に建てられた
大聖堂市庁舎、コントゥッチやタルージ宮などがあり
それらを囲むようにしてたくさんの他の建物が建ちならんでいます


市庁舎は、上に延びる塔が中央にある他は
フィレンツエのヴェッキオ宮のそれとほぼ形を同じにしていて
当時フィレンツェの支配下にあったものの
フィレンツェのそれと同じものが建てられるほど
信頼があったことがうかがえます。

他にも見所として、ほぼ円形の特殊な1階部分を持つ
ジェズ教会、遠近法の効果を持つコントゥッチ宮の祝宴の間
バロック様式後期のつつましく優美なサンタマリア教会
そしてエルバ広場の回廊などがあります

そしてこの町がイタリア唯一である理由として
町中に建ち並んでいる数多くの歴史あるワイン蔵があります。
その中でもリッチ宮の地下にあるカンティ−ナ・レ−ディは
起源を16世紀に持つ素晴らしくアンティ−クなもので見る価値が十分にあります。

アンティークなテアトロ・ポリツィアーノは今も現役
オペラやコンサートに使用され
それはミラノのスカラ座のミニチュア版と云われています。

優雅なサン・ビアージョ寺院市立博物館には、特に絵画作品のコレクションが
充実していています。
修道院廃止(1773年イエズス会)の時に
残された絵画、プリミチェロ・フランチェスカ・クロチャーニ
のコレクションを集めたものがあります。

町の眼下にそびえ建つ優美なサン・ビアージョ寺院は
アントニオ・サンガッロ・イル・ヴェッキオによって創建された
イタリアルネッサンス期の重要な建築物の1つです。






ヴィーノ・ノービレ・ディモンテプルチャーノ / Vino Nobile di Montepulciano

ヴィーノ・ノービレのワイン・ワインセラ−

この地域がワインを作るのに適していることは
約8世紀の終わり頃すでに
“モンテプルチャーノのワインはとても重要視されていた”
と記述で残っているそうです。

教皇パオロ3世ファルネーゼ(Papa Paolo III  Farnese)の
“酒屋”でもあったサンテ・ランチェリオ(Sante Lancerio)は
教皇のために【美味しいワインを探す旅】という本の中で
このノ−ビレを「Vino Perfettissimo」(完璧なワイン)と言い
16世紀には医師であり詩人でもあった
フランチェスコ・レディ(Francesco Redi)が
【Bacco in Toscana】(トスカーナのワイン)の本の中で
「モンテプルチャーノのワインは皇帝(最高)である」と言う
有名な言葉を残しています。

Nobile(貴族)と呼ばれるそのゆえんは
「品質が最も高い」ということからで
過去においては、モンテプルチャーノの貴族の特権(独占)の飲み物でした。   

その古くから品質の高いワインの1つとして評判が高いことから
1966年7月12日にD.O.Cの承認を受けます。
そして、それはさらにイタリアで最初に国の優れたワインにおいて認められる
D.O.C.Gとして正式に承認されました。







アクセスの仕方
         鉄道駅はありませんので、バスで入ります。

FSキウージ駅から   :  LFI社のバスで約50分です。
FSシエナ駅前から  :  Tra-in社/ LFI社のバスで約1時間15分。
フィレンツェ駅前から  :  駅を左に出てすぐ、マクドナルドの並びにLFI社の
               バスタ−ミナルがありそこから約2時間。
           
注意!鉄道シエナ⇔キウ−ジ間に途中モンテプルチャ−ノという駅がありますが
      町へ向かうバスはありません。




次は→ 生きいきと生活感のある世界遺産の町ピエンツァ


                                            このページのトップへ