ホーム 個人ガイド アグリ滞在 四季の風景 美しき南トスカーナ モンテプルチャーノ 私たち
                                  ホーム > 美しき南トスカーナ > 郷土祭り





   秋のフェスタ

                                   Festa del autunno




   蜂蜜祭り
Settimana del Miele 9月初旬 : Montalcino


いろいろな種類の蜂蜜
毎年9月の初めに養蜂・蜂蜜に関連した製品の展示販売が
モンタルチーノのフォルテッツァの中で開催されます。

色々な種類の蜂蜜が販売されており
中には珍しいロ−ズマリ−から採れるものもあります。
他にも石鹸やコスメ製品、キャンディ−ソフトクリームなどが
購入できます。


   栗祭り
Festa delle Castagne  10月中旬:Campiglia / Vivo d'Orcia

ヴィーヴォ・ドルチャ
秋が深まり、人々が栗拾いに出掛ける頃になると
モンテアミア−タ周辺の村では栗祭りが開催されます。
I.G.P.(保護指定地域表示)にも指定されている
アミアータの栗は、小粒ながらその美味しさでよく知られ
イタリアはもとより、日本にも出荷されています。

*I.G.Pとは欧州連合の定めた農産物および食品に対して与えられる商標です

カンピリャ・ドルチャのフェスタ Vivo d'Orciaで行なわれる
 それは、栗とキノコの祭り。
 ふだんは観光客とは
 おおよそ無縁のこの小さな村に
 わんさか人が押し寄せます。
 
 村のどの家も、栗の木の枝や木の 人形で飾り付けられ
 ”手作りフェスタ”の雰囲気いっぱい。
 
 「フェスタはこちら」という手書きの看板を辿って行くと
 村のはずれの広場に着き、そこが会場。
 焚き火を起こした上に巨大な鉄製のかごが吊るされ
 その中で栗が ザックザック炒られています。

小さな広場には長椅子とテーブルが所狭しと並べられ
たくさんの人が焼き栗を剥きむきサングリア(オレンジ風味のホット赤ワイン)片手におしゃべり
ここの栗は小粒ながらとて〜も甘いことで有名
焼きたてのアツアツをサングリアと一緒にほおばると、あ〜らいくらでも食べられてしまいます。
このお祭りがあるその日は、どこもかしこもむいた栗の皮でいっぱい。
その光景はさながら栗の皮絨毯といったところ・・・。
ポルチーニの丸ごとグリル
一方同じ敷地内に開設された臨時Barでは
キノコのクロスティ−ニや栗のドルチェ、そして飲み物。

同じく臨時開設されたレストランでは、村のマンマたちが腕を振るったポルチーニ尽くしの料理
(スープ・丸ごとグリル・フライ・・・)が堪能できます。

路地裏での村人によるショー

 いっぽうカンピリャ・ドルチャのフェスタは
 小さな村全体が小劇場に!
 各路地裏で村人による素人ミニショ−が繰り広げられ
 訪れる人を楽しませてくれます。
 
 もちろんここでもアツアツの焼き栗、そして栗を使った村の
 マンマの手作りお菓子や生産品を味わうこともできます。

 どちらで行なわれるそれも、アットホームな温かみの感じられる
 フェスタです。
                    このページの最初に戻る


   ツグミ祭り
Sagra del Tordo 10月の最終日曜日:Montalcino

狩帰りに扮した人々
10月の最終日曜日、モンタルチーノの住民には
欠かすことの出来ない【お約束】イベント
サグラ・デル・トルドが開催されます。

1957年から続くこのお祭りは、その名前(ツグミ祭り)の通りではなく
この地域の古い慣わしの名残から来ています。
その古い慣わしとは、中世の時代この周辺で狩りをしていた猟師が
獲物をいっぱい見つけて帰り、貴族も庶民もみんなそれを喜び
祭りや宴会を設けた。その祭りでは勇気がある男たちが馬上競技で
自分たちの力を試し、女たちは土地のワインと獲物の肉で祭りを
もてなした。と言うもので現在は当時を思い起こすための伝統行事
として、競技会に形を変えて毎年行なわれています。

トレスコーネを踊る若い娘お祭りは朝早くからトスカーナの農民風の衣装で
アコーディオンの演奏のもと、伝統的な踊りトレスコーネを踊る
若い娘と若者が、町の各広場を行きます。

その後、よく凝った時代衣装を身に着け
狩帰りに扮した人々の行列が、太鼓の響きと共に
各4つのコントラーダの旗で飾られた町の路地を練り歩きます。
時代衣装を身に着けた子供たち
市庁舎の回廊では領主・夫人達が
その一行を待ち受け、塔の下からは
祭りの開催を告げる布告人が姿を現し
領主たちはツグミを飛び立たせて
この祭りを歓迎します。
行列は競技の主役の射手たちに
               祝福を与えてくれる教会まで続いて行きます

競技は日没直前に始まります。
各コントラーダ2人ずつ前日のくじ引きによって決まった矢を持ち
弓を射って戦い、それぞれの放った矢の点数を総計し
最も点数を上げたコントラーダが優勝となって
最後に競技隊長から優勝の銀の矢を受け取ります。

そしてモンタルチーノの町は、勝利を勝ち取ったしたコントラーダの旗で
飾られそのお祝いは冬まで続く・・・・そうです。
狩の一行を迎える領主婦人
 各コントラーダによる簡易食堂が並ぶフォルテッツァ(要塞)
 では、モンタルチーノのワインと共に、イノシシのソースの
 パスタ、ピチ(うどんのようなパスタ)、豆のスープ、